2015年4月アーカイブ

4月29日〜5月3日 (変更しました。)

pm〜5pm

 作/ストリンドベリ 演出/門井

『債権者たち』『令嬢ジュリー』

pm〜9pm

 シュニッツラー 『恋愛三昧』 新翻訳・演出/田丸一宏

CoRichシェアスタジオ!茅場町6F


1999 tptストリンドベリ・プロジェクト

『債権者たち』(森鴎外訳『債鬼』のタイトルで)

ジョナサン・バトレル/演出 出演/中嶋朋子・佐々木蔵之介・伊原剛志

『令嬢ジュリー』

デヴィッド・ルヴォー/演出 出演/若村麻由美・千葉哲也・富沢亜子

で2作連続上演。


・シュニッツラー『恋愛三昧』は森鴎外翻訳で日本に紹介され、大正時代から多く上演されています。

今回、気鋭の演出家田丸一宏が自身のあらたな翻訳で、上演に向け挑戦します。


・田丸さんは、オペラ演出家コンビチニのワークショップでオペラ演出のトレーニングをかさね、

tptで岡本健一、手塚とおる、鈴木裕美、千葉哲也、小川絵里子さんなどの演出助手をつとめ、

tpt86 ブレヒト作『小市民の結婚式』.最近作は自身のユニットでのブレヒト作『三文オペラ』の演出があります。

 

近代心理劇の父と称され、「舞台にはテーブルと⒉^3脚の椅子があればいい。あとは俳優の語る言葉と身体…」

と叫んだストリンドベリと

フロイトが「無意識なものの真実と人間の衝動的な本性にとらわれ、文化、因習的な安定を破壊する行動、

常に愛と死の両極にかかわっている、恐れを知らぬ深層の心理探究者…」と、讃辞を贈る

シュニッツラー

二つの世界を自由に行き来できるワークショップです。

急ではありますが、メンバを募集しています。

Voices of LIFE
tpt-2015 シーズンサバイバル!

劇団 ▶TPT
 ●俳優の情熱と想像力をエンジンに世界の戯曲を旅する”ゆるやかな”劇団。
 ●単発の公演をただ行うためでなく、俳優が ワークショップ→リハーサル→Work in progress発表を
   真に生きた<創造の現場>として共有する。
 ●俳優が俳優の仕事を持続感もってギリギリまで追求し、ブラッシュアップできる「演劇的精神の道場」。
 ●俳優がいのちから動き、実感もっていのちの「言葉」を語り、
   「物語」が深いところから放射する生命の光と熱が沸騰する「舞台」を目指す。

劇団 ▶TPT プロジェクトスタートにあたり、トライアウト・ワークショップスを行います。
4月27日(月)〜5月3日(日)
❶アクターズ・ワークショップ
   ストリンドベリ「令嬢ジュリー」「債権者たち」
   エキササイズ/シーンスタディ
   演出/門井 均
   クラス/2pm〜5pm
❷プロダクション・ワークショップ
   シュニッツラー「恋愛三昧」
   エキササイズ/テキストワーク/シーンスタディ
   新翻訳・演出/田丸一宏
   クラス/5pm〜9pm
▶TPT スキーム、ポリシー、メンバーシップなどについて、ディスカッションしながら進んでいきたいと考えています。

<ワープショップ参加申込み><▶TPTについてのお問い合わせ>
メールにてご連絡下さい。
boss@tpt.co.jp  門井 均(tpt 芸術監督)宛、よろしくお願い致します。
tpt-2015サバイバル。
劇団▶TPT トライアウト ワークショップス。

❶ アクターズ・ワークショップ

4.27()〜5.3() pm-pm

現代心理劇の父 ストリンドベリ

『令嬢ジュリー』 『債権者たち』

非日常、不条理なまでのスリリングな展開、

男と女が剥き出しにされる。

演出/門井 均

令嬢ジュリー;ジュリー クリスティーヌ/ジャン

債権者たち:テクラ/アドルフ グスタフ

5Work in progress発表


❷ プロダクション・ワークショップ

4.27()〜5.3() pm−9pm^

恐れを知らぬ深層心理の探検者 シュニッツラー

『恋愛三昧Liebelei

19世紀末ウィーン、愛と死。真実の戯れと

衝動的な本性。新訳で暴き出す。

新訳・演出/田丸一宏

登場人物女:クリスティーネ ミーチー /カタリナ

男:テオドル フリッツ /ハンス 紳士

▶6月Work in progress発表

参加費:20,000円 (5,000円/クラス) CoRichシェアスタジオ!茅場町6F


● 劇団 ▶TPT 旗挙!に向け、カンパニーのポリシー、スキーム、スケジュールなどについて、
メンバー募集のインタビューなどもあわせて行いたいと考えています。

<お問い合わせ、参加申込み>
メールにて随時、受け付けています。
boss@tpt.co.jp 門井 均(tpt 芸術監督)